ウェブ予約WEB予約受付

よくあるご質問

診療科について

Q.

脳神経外科はどんなときに受診したらいいですか?

A.

気になる頭痛が続くとき、めまいがする、顔や手足のしびれがあるとき、首や腰の痛みがあるとき、もの忘れがあるとき、頭をぶつけたときなどはお気軽に当院へご相談ください。また当院では脳梗塞や脳出血の原因となる生活習慣病についての診療も行っておりますので心配な方はご相談ください。

Q.

駐車場はありますか?

A.

「大邦パーキング」と提携していますので、駐車券をお持ちいただき、お会計の際にご提示ください。1時間までの無料駐車券をお渡ししています。

Q.

予約はできますか?

A.

予約システムがあります。クリニックのホームページや電話にて予約可能です。また院内受付でも次回予約が可能です。脳ドックは、当院受付に直接お電話でご予約をお願いします。

Q.

予約は必要ですか?

A.

当院は予約優先制ですので予約して頂くとお待たせする時間が少なく済みますが、予約なしでも診察可能です。また、紹介状がなくても診察可能です。

Q.

初診時に必要なものは何ですか?

A.

保険証、お持ちの方は公費負担等の医療証です。(医療証は使用できない場合もありますので受付の際にご確認ください)

Q.

市民検診をやっていますか?

A.

小田原市国保特定健診、長寿高齢者健康調査、大腸がん検診、前立腺がん検診、肝炎ウイルス検診を行っています。

Q.

クレジットカードや交通系ICカードは使用できますか?

A.

ICチップ付きのクレジットカードのみ使用できます。自動精算機をご利用ください。使用できるカード会社は、JCB/アメリカンエクスプレス/ダイナースクラブ/VISA/マスター/JACCS/ディスカバーカードです。交通系ICカードは使用できません。

Q.

薬はどこでもらえますか?

A.

処方箋をお渡しいたしますので、4日以内にお近くの保険調剤薬局でもらってください。

Q.

子供の頭痛や頭のけがを診てもらえますか?

A.

はい、診察しております。

Q.

コロナワクチンの接種を行っていますか?また予約はできますか?

A.

コロナワクチンの接種を行なっております。予約は当院では行っておりませんので、接種券をお持ちの方は小田原市の予約センターで予約をお取りください。

Q.

発熱外来をやっていますか?

A.

当院では発熱外来は行っておりません。

Q.

往診してもらえますか?

A.

往診は行っておりません。

Q.

提携病院はどちらですか?

A.

病状に応じて適宜医療機関をご紹介しています。ご希望の病院があればそちらをご紹介いたします

検査について

Q.

受診当日にCT検査、MRI検査ができますか?

A.

できるかぎり当日検査を行い、脳神経外科専門医が結果説明を行っております。

Q.

MRIの検査結果はすぐに聞くことが出来ますか?

A.

検査終了後にご説明いたします。

Q.

オープンMRIですか?

A.

オープンMRIではありません。以前はオープン型MRIでしたが、2022年2月にMR装置を現在のトンネル型に更新いたしました。現在の当院のMRIは1.5テスラのものです。開口径が大きく、検査時間がたいへん短く騒音が少ない最新の装置です。

Q.

CT検査は放射線被ばくが心配です

A.

当院のCT装置は、レントゲンと同等線量を目指して設計された低被ばくのものです。

Q.

MRIでアルツハイマー型認知症の診断ができますか?

A.

MRIで脳萎縮や血管障害の有無など器質性疾患の評価は可能ですが、確定診断のためには問診やもう少し他の検査を行うなどして総合的に判断する必要があります。

Q.

たまに頭痛があるので脳ドックをうけたほうが良いですか?

A.

脳ドックの対象となるのは、基本的には症状がない方です。 もし頭痛、めまい、しびれ等の症状があれば医療保険が適応されます。医師が必要と判断した場合は保険診療の範疇でCT・MRI検査を行いますので、通常の外来をご受診ください。

Q.

MRI検査の料金はいくらですか?

A.

MRI検査費用は保険診療で3割負担の方は約6,000円、1割負担の方は約2,000円となりますが、この他に診察料などが別途必要になりますのであらかじめご了承ください。

Q.

MRI検査を受けたいのですが、当日注意点はありますか?

A.

カラーコンタクトレンズ(デファイン含む)をご使用の方はあらかじめ外してご来院ください。またアイメイク(アイシャドウ、アイブロウ、アイライン、マスカラ)は控えめでお願いします。特にラメ入りのものは避けて下さい。

Q.

私は身体の中に金属がありますが、MRI検査を受けられますか?

A.

以下の治療歴のある方はMRI検査が受けられません。 心臓ペースメーカー、除細動器を使用中(MRI対応型を含む)、心臓の人工弁、人工内耳、古い脳動脈瘤クリップ、冠動脈などにステントを留置して2か月以内、材質の分からない体内金属物のある方。 また妊娠初期(4か月未満)もしくは妊娠の可能性がある方、閉所恐怖症の方、刺青のある方はご相談ください。